白ロム赤ロムとは?

白ロム赤ロムとは?

白ロムや赤ロムといった言葉をご存知でしょうか。

 

スマートフォンの中古を売買する場合、耳にしたことがあるかもしれませんね。通信会社の契約が複雑になったことで、スマートフォンの中古市場もかなり面倒な状態になったことが原因で生まれたような言葉ですが、赤ロムや、白ロムが赤ロム化してしまうといった状況には注意を払う必要があります。

白ロム

まず、普通の中古スマートフォンは、白ロムです。これは通信会社との契約がしっかり切れている端末のことで、なんの曰くもつかない普通の端末として、新たなSIMカードを使えば使用できます。

赤ロム

一方赤ロムは、前の所有者がまだ未払いのローンを持っている状態の端末で、それが完済されなければ通信に制限がかかってしまう端末のことなのです。中古で端末を買ったはいいけれど、誰とも知らない前の所有者がお金をちゃんと払ってくれない限り、安心出来ない端末になります。買ったばかりの新しい端末を、すぐに買い替えた人が売った端末などにはそうしたリスクがあるわけですね。

 

とは言え、まだローンが残っているような端末ということは、それだけ新しい端末ということですから、中古市場では人気の機種だったりします。

 

だから買取業者もローンが残っている端末でも買取ますし、ローンが残っていることを明示した上でそのまま売りに出したりもしています。とは言え、万が一赤ロム化してしまったら大問題ですから、全額返金せざるを得ない条件にはなっているようです。